給与の明細を見ると、所得税に比べ市・都民税が高くなりましたが、なぜですか?

更新日:平成28年7月1日

給与の明細を見ると、所得税に比べ市・都民税が高くなりましたが、なぜですか?

 1つ目は税制改正により、多くの方の所得税税率が下がり、市・都民税の税率が大きくなったことによります。
 2つ目は、所得税と市・都民税の制度の違いによるものです。 サラリーマンの場合、所得税は通常、給与・賞与(ボーナス)などが支払われる際に所得税法に基づく源泉徴収表により源泉徴収され、これを年末調整により精算します。
 一方、市・都民税は前年の所得を基に翌年市町村が税額を計算し、年税額を12回に分けて月々の給与から源泉徴収しています(Q1.市・都民税の納め方参照)。したがって、市・都民税は賞与からは徴収されないため、月々の給与明細に表示される税額は市・都民税のほうが、より高くなります。

関連リンク

市・都民税の納め方

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
政策経営部 課税課 市民税係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(15番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2113(直通)、042-576-2111(内線:111、112、113、115)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム