オペラの王・プッチーニを生んだ「音楽」のまち

更新日:令和元年5月13日

ルッカ市は、イタリアの音楽史において重要な位置を占め、著名な音楽家を数多く輩出してきた「音楽のまち」です。
特に、日本でも有名な「オペラの王」ジャコモ・プッチーニもルッカ出身であり、ルッカでは年間を通してプッチーニにまつわる様々な催しが行われています。

今回は、ジャコモ・プッチーニ財団ルイジ・ヴィアニ氏に、ルッカとプッチーニの関わりをはじめ、プッチーニ財団の行っている活動などについて、色々とお話を伺いました。

ジャコモ・プッチーニ財団のルイジ・ヴィアニ氏

ジャコモ・プッチーニ財団のルイジ・ヴィアニ氏

プッチーニの肖像

ジャコモ・プッチーニはルッカに生まれ、若い頃をルッカの中心部で過ごしました。彼はその生涯を通して、常にルッカのまちと彼の家に深く関わり続けます。
ルッカは、彼が最初に音楽を学び、家族から受け継いだ音楽への情熱を培った場所です。

マエストロの生家は、現在ジャコモ・プッチーニ財団によって博物館として運営されています。
博物館は、ルッカの中心部にある古いアパートの3階にあり、ジャコモ・プッチーニはこの場所で1858年12月22日に誕生しました。
彼の生家はプッチーニ博物館の中心であり、この偉大な作曲家が少年期、青年期に残したものを見ることができます。

トゥーランドットの衣装

博物館には、興味深い物がたくさんあります。マエストロの生家の部屋を開けると、様々な物が彼の人生について教えてくれます。
特に、プッチーニがオペラ「トゥーランドット」を作曲したスタインウェイ&サンズのピアノ、若かりし頃の自筆の楽譜、手紙、絵画、写真、貴重な原稿、オペラ「トスカ」「西部の娘」の台本、そしてオペラ「ラ・ボエーム」素晴らしい音楽原稿などが保管されています。
また、1926年にニューヨークのメトロポリタン歌劇場でマリア・イェリッツァが使用した、オペラ「トゥーランドット」の素晴らしい衣装もご覧いただけます。

プッチーニ博物館の大統領視察の様子

一番左から、ルッカ市長であり、ジャコモ・プッチーニ財団の長でもあるアレッサンドロ・タンベッリーニ市長。
イタリア共和国のセルジョ・マッタレッラ大統領。
本稿を寄稿くださったルイジ・ヴィアニ氏。

プッチーニ博物館の内部

「ジャコモ・プッチーニ財団」は、プッチーニの人生、作品、人となりに容易に触れられるようにするため、彼の文化的な遺産を国内および国際的レベルで保護、管理、普及することを目的に設立されました。
そして、行政、大学、高等教育機関、美術館、その他の団体と協力して、ジャコモ・プッチーニやルッカの音楽の伝統に関する調査研究、大衆的な文化イベントなどの活動を世界中で推進しています。

プッチーニ博物館の内部2

我々は、展示会やイベントの実施において国際的に協力するだけでなく、地元ルッカにおいても一年中様々な活動を行っています。
夏の間は、「カルトリーネ・プッチニアーネ」というアリアまたはデュエットの歌とピアノによるコンサートが、生家博物館の目の前のチッタデッラ広場で行われます。
また、ヴィアレッジョ市にあるプッチーニ邸(近年は財団が所有)のガイド付きツアーも行っています。ここでプッチーニは晩年を過ごし、オペラ「トゥーランドット」を生み出しました。
そして、夏にはもうひとつ、プッチーニのオペラ公演がヴィアレッジョ近郊のトッレ・デル・ラーゴにある壮大な野外劇場で開催されます。

彼の命日(11月29日)と誕生日(12月22日)の間の期間は、ルッカの作曲家に捧げるイベントとして、ジリオ劇場で「ルッカ・プッチーニ・デイズ」が開催されます。

プッチーニの肖像2

ジャコモ・プッチーニ財団は、ルッカはもちろん、それ以外の地域の学校も対象とした数多くの教育プロジェクトを立ち上げており、音楽教育を通じて、プッチーニの人生に対する情熱と彼の作品とを、すべての年齢の子供たちに伝えています。
国際的なレベルにおいても、すべての教育課程を対象とした特別プロジェクトがあるおかげで、子どもも学生もこの教育活動を受けることができます。
 
心地よい「音楽のまち」ルッカにぜひお越しください。
喜んでみなさまをおもてなししますよ。

<イタリア語原文>

Giacomo Puccini nasce a Lucca e trascorre i suoi anni giovanili nel cuore della città.
Durante tutta la sua vita rimarrà sempre profondamente legato al suo luogo natale e alla sua casa.
Lucca rappresentò per lui il luogo della prima formazione musicale, dove egli coltivò la passione per la musica che aveva ereditato dalla sua famiglia.

La casa natale del Maestro è oggi un museo, gestito dalla Fondazione Giacomo Puccini.
Il Museo è situato nell’appartamento, al secondo piano di un antico edificio nel cuore di Lucca, in cui Giacomo Puccini è nato il 22 dicembre 1858.
La Casa natale è il cuore del Puccini Museum, il complesso museale che ripercorre le tracce lasciate dal grande compositore che in questa casa ha vissuto gli anni dell’infanzia e della prima giovinezza.

Il percorso museale è coinvolgente; aprendo le stanze della casa natale del Maestro è infatti possibile scoprire ed entrare in contatto con gli oggetti che raccontano la sua vita.
Vi sono custoditi in particolare il pianoforte Steinway & Sons su cui Puccini compose Turandot, partiture autografe di composizioni giovanili, lettere, quadri, fotografie, bozze preziose, come quelle dei libretti di Tosca, La fanciulla del West e uno straordinario abbozzo musicale de La bohème.
Il percorso museale è arricchito inoltre dal meraviglioso costume di Turandot, indossato da Maria Jeritza alla Metropolitan Opera House di New York nel 1926.

La Fondazione Giacomo Puccini ha per scopo la tutela, conservazione, gestione, promozione e valorizzazione del patrimonio culturale pucciniano a livello nazionale ed internazionale al fine di poter rendere la sua vita, le sue opere e la sua personalità accessibili e fruibili.
La Fondazione promuove attività di formazione, ricerca, realizzazione di manifestazioni culturali, divulgative e di spettacolo, legate a Giacomo Puccini e alla tradizione musicale lucchese in tutto il mondo, collaborando con amministrazioni pubbliche, Università, Istituti superiori di studi musicali, Musei ed altre Fondazioni.

La fondazione non solo collabora a livello internazionale alla realizzazione di mostre ed eventi ma è estremamente presente a livello locale proponendo numerose attività durante tutto l’anno.
Il periodo estivo viene animato dalle Cartoline pucciniane, concerti per canto e pianoforte di selezioni di arie e duetti che si svolgono nella suggestiva cornice di Piazza Cittadella, luogo pucciniano per eccellenza, situato nel centro storico a pochi passi dalla casa-museo, ma anche da visite guidate alla Villa di Viareggio del Maestro - da pochi anni di proprietà della Fondazione - dove Puccini ha vissuto gli ultimi anni della sua vita e nella quale ha composto Turandot.
Nel periodo estivo vengono organizzati spettacoli di opere pucciniane al grand Teatro all’aperto di Torre del Lago.
 Mentre nel compreso tra l'anniversario della morte (29 novembre) e la ricorrenza della nascita (22 dicembre) vengono organizzati al Teatro del Giglio i Lucca Puccini Days, rassegna di eventi dedicati al compositore lucchese.

La passione per la vita e le opere di Giacomo Puccini vengono trasmesse anche ai ragazzi di tutte le età grazie alle attività di formazione ed educazione musicali portate avanti dalla Fondazione che ha avviato numerosi progetti didattici indirizzati alle scuole del territorio lucchese e non solo.
Le attività educative sono rivolte sia ai bambini che agli studenti, grazie alla presentazione di progetti ad hoc per ogni percorso formativo di riferimento, anche in un contesto internazionale.

Venite a visitare Lucca ed il suo territorio, where music feels at home!
Saremo felici di ospitarvi.

ジャコモ・プッチーニ財団ホームページ(イタリア語)

プッチーニ生家博物館ホームページ(イタリア語、英語、ロシア語)

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
政策経営部 政策経営課 政策経営係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 2階(32番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:228)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム