世界第2位のコミックマーケット!「マンガ」のまち

更新日:令和2年3月2日

ルッカ市には、ちょっと意外な日本との意外な親和性があります。
それは日本が誇る文化コンテンツ―「マンガ」!
ルッカはマンガをはじめとするサブカルチャーにおいて、世界的にも有名なまちなのです。

今回は、ご自身でルッカ・マンガスクールを創設し、若くして校長を務めるカテリーナ・ロッキさんにお話を伺いました。

ルッカ・マンガ・スクールのカテリーナ・ロッキ校長

ルッカ・マンガスクールのカテリーナ・ロッキ校長

(カテリーナさんは、来日時に「第7回ルッカを知る研究会」に出演いただきました。)

ルッカを知る研究会(過去の開催状況)

ルッカ・コミックス&ゲームズの様子

マンガは、ストーリーを紡ぐために一連の絵を用いますが、それは古くからコミュニケーションの方法として存在してきたものです。最初のホモサピエンスは洞窟の壁に狩りの様子を描きました。それはまさに「マンガ」です。その絵はストーリーを作り、現代の私達も言葉なしで読むことができます。

私のまちルッカにはマンガの長い歴史があり、「ルッカ・コミックス&ゲームズ」というコミックマーケットイベントが50年以上にわたって毎年開催されています。推定50万人以上が来場し、ヨーロッパ最大、世界でも2番目に大きいコミックマーケットとなっています(世界一は日本の「コミケ」です)。

一か所にまとまって開催する日本のコミケとはちがい、ルッカではまちに点在する多くの広場にエリアがわかれています。全部で約3万平方メートルにおよぶイベント会場には、上映、展示、販売、ゲームなどさまざまなエリアがあり、とてものどかな雰囲気です。来場者は好きなように各エリアに出入りでき、買い物をしたりサインをもらうために列に並んだりしては、通りを歩きながらひと休みします。エリアにはそれぞれテーマがあり、ビデオゲーム、テーブルゲーム、同人誌の販売、出版のエリアなど本当にさまざまです。

ルッカ・コミックス&ゲームズの様子

ルッカ・コミックス&ゲームズは、マンガやイラストのコレクションを交換することを目的としたファンたちによって1965年に始まりました。その後どんどん大きくなり、新しいものを取り入れていきました。1993年には、日本のマンガや日本に関するものを専門にあつかうセクションもできました。

私はちょうどその1993年に生まれ、小さい頃からこのコミックマーケットを見てきました。子どもの頃からずっと魅力的なマンガを見てきた私は、大きくなってマンガを描こうと決心したのです。

ルッカはマンガのまちですが、学べる場所がなかったので、私はマンガの描き方を学ぶために日本に行きました。そしてルッカ・マンガスクールを創設しました。この学校ではイタリアに日本のことを伝え、マンガの世界を学ぶことができます。今ではこれが私の仕事です。

ルッカ・マンガ・スクールの様子

イタリア人がマンガをやりたいと思うのは不思議に思えるかもしれません。でも、日本に行ったとき、日本人が経営するイタリア料理店をたくさん目にして、異なる文化に興味を持つことはそんなにおかしなことじゃないとわかりました。同じ時代に生きる私たちが、さまざまな国から学んだり、新しいものに出会うために飛行機で世界を旅したり、世界のどこにいても新しい友達と連絡を取りあったりできるのは素晴らしいことです。

日本人とイタリア人は、私たちが思うよりも多くの共通点を持っています。たとえば、美味しいものが好き。そして、世界で1番目と2番目に大きなコミックマーケットがあるのですから、マンガも好き。だから、たとえおたがいの言葉を理解できなくても、キッチンや紙の上でならイメージを共有し、わかりあうことができます。

おたがいに学び理解しあうのに文化交流が大切なのはこのためです。国立市のみなさんにとって、ルッカとの交流が実りの多いものになるよう願っています。

ルッカ・マンガ・スクールの様子

ルッカ・マンガスクール プロモーション動画

ルッカ・マンガスクール ホームページ(外部リンク・イタリア語)

ルッカ・コミックス&ゲームズ2019ホームページ(外部リンク・イタリア語)

<イタリア語原文>

Il fumetto usa immagini in sequenza per raccontare una storia, in un modo di comunicare che esiste da sempre. I primi Homo Sapiens disegnavano scene di caccia sulle pareti delle loro caverne, quello è un fumetto. I disegni raccontano una storia, che senza parole ancora adesso possiamo tutti leggere.

Lucca è la mia città ed ha una lunga storia con il fumetto, la fiera Lucca Comics & Games si tiene ogni anno da oltre 50 anni. Con una stima di oltre 500,000 visitatori, è la più grande fiera di fumetto in Europa e la seconda più grande al mondo, il numero uno è il Comiket in Giappone.

A differenza del Comiket però, la fiera non è tutta in un posto ma è invece fatta da tante zone che si trovano nelle piazze della città, in tutto sono circa 30,000 m2  di esposizioni, mostre, stand, ed aree di gioco che vanno a creare un ambiente molto rilassato. Si può entrare ed uscire dalle varie zone a piacere, e camminare nelle vie della città per prendere una pausa dagli acquisti e le file per ricevere gli autografi degli autori ospitati dalla fiera. Ci sono tante aree e ogni area ha un suo tema: Games per i videogiochi e giochi da tavolo, Self per le doujinshi, Editori per le case editrici e tante altre.

Lucca Comics & Games nasce nel 1965 da un gruppo di appassionati per riunirsi e scambiare fumetti e disegni originali da collezione, per poi diventare sempre più grande e aggiungere sempre più novità alla fiera: nel 1993, viene aggiunta una sezione solo per i manga e tutto ciò che riguarda il Giappone.

Io sono nata proprio nel 1993 e ho vissuto questa fiera del fumetto sin da piccola. In particolare ho sempre trovato affascinante il manga sin da quando ero piccola, ed ho deciso che da grande avrei disegnato manga.

Anche se Lucca è la città del fumetto, non c’erano lezioni per poter imparare manga e quindi sono andata in Giappone per studiare come disegnare manga. Ho creato Lucca Manga School, la scuola di manga a Lucca, dove poter portare un po’ di Giappone in Italia per studiare anche io il mondo dei manga, che ora è il mio lavoro.

Può sembrare strano che una italiana voglia fare manga, ma poi quando sono andata in Giappone ho trovato tantissimi ristoranti italiani gestiti da giapponesi e ho capito che non è tanto strano avere interessi che vanno fuori dalla nostra cultura. È molto bello vivere in un momento storico dove possiamo imparare da paesi diversi, prendere l’aereo e andare dove vogliamo a scoprire cose nuove, e rimanere in contatto con nuovi amici dovunque noi siamo.

Alla fine i Giapponesi e gli Italiani hanno più cose in comune di quanto pensiamo, ci piace mangiare bene ad esempio, e ci piace anche il fumetto visto che abbiamo le due più grandi fiere del mondo. Quindi anche se non possiamo sempre capirci con le parole, possiamo sempre capirci in cucina e sulla carta con immagini in sequenza.

Per questo è importante fare scambio di cultura, per imparare gli uni dagli altri e capirsi a vicenda. Spero che gli abitanti di Kunitachi vogliano scoprire anche le altre cose che Lucca può offrire.

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
政策経営部 政策経営課 政策経営係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 2階(32番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:228)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム