令和3年度「ふつうの日になったのか 原爆の日」展【終了】

更新日:令和3年9月17日

平和をつくるのは、きっとコトバだ。

令和3年度のコトバの募集および選出作品の展示は終了いたしました。ご応募くださった皆さま、ご来場くださった皆さま、ありがとうございました。

選出された48のコトバは、下のPDFでご覧いただけます。

2021コトバ展バナー

2010年に国立市平和都市宣言10周年を記念して開催したパネル展で、広告代理店勤務の市民(当時)が作成した、原爆に関するポスター1点(毎日広告デザイン賞受賞)を展示したことが、本事業の発端です。同市民が発案者となり、2011年はデザイナー有志によるポスターを展示、2012年からは、市民有志による実行委員会と市が合同で開催することとし、「原爆の日を忘れないための一行のコトバ」を広く募集して選考し、選出された作品を市内各所に展示する形で、毎年継続して実施してきました。

発案者の「終戦から60年以上が経過する中で、原爆が落とされた日が『ふつうの日』に戻りつつある気がしてなりません」という当時の思いから、タイトルを「ふつうの日になったのか 原爆の日」展としています。また、「大きいものと小さいもの、強いものと弱いものを対比させ、小さく弱き存在である一本の鉛筆により、原爆という巨大な存在を考える」という意味と、「一本の鉛筆から紡ぎ出す言葉により、原爆について考え、失われた命に思いをはせ、平和を築く」という願いを込めて、「原爆とえんぴつ。」をキーワードとしています。

市制施行50周年を記念して作られた「くにたち平和組曲『祈る日』」では、過去の選出作品から11作品が歌詞に使われ、一人ひとりの平和への思いが形を変えて人々に訴えかけるものとなりました。

実行委員の交代により新体制となった2018年からは、戦争を体験した世代からより遠くなった子どもたちにも自分で考えてコトバにしてもらうため、作品の募集に合わせて、広島の高校生が被爆者からの聞き取りをもとに描いた原爆の絵を展示するなどの工夫をしています。日常の中で、祖父母など身近な人から直接体験談を聞いて考えることが難しくなっている今、戦争や平和について考えるきっかけとなってほしいと思います。

(2021年3月25日国立市発行 国立新書創刊第1号「日常と平和」より抜粋)

2021年度選出作品(48点)(PDF:4.6MB)

公式ツイッター

国立市公式「ふつうの日になったのか 原爆の日」展の専用ツイッターアカウントです。「#原爆とえんぴつ2021」を付けて、あなたが考える「一行のコトバ」(注)や感想を発信してください。

(注)選考の対象とはなりません。

@kuni_8689 「ふつうの日になったのか 原爆の日」展 公式ツイッター

「一行のコトバ」の展示

選出された作品を展示します。

会場および期間

◆開催時間は、各施設の開館時間です。

公民館(中1-15-1):8月4日(水曜日)から8月19日(木曜日)

国立駅前くにたち・こくぶんじ市民プラザ(北1-14-1):8月4日(水曜日)から8月19日(木曜日)

旧国立駅舎展示室:8月6日(金曜日)から8月15日(日曜日)(映像展示)
(注)期間中の2日間のみ、下記特別プログラム"あの日"を開催します。

 

下のリンクをクリック、または表示されている画像中の二次元コードをスマートフォンなどで読み取ることで、旧国立駅舎で上映しました映像作品を再生いただけます。ぜひ、ご覧ください。

国立市チャンネル原爆とえんぴつ。2021

映像作品クレジット

特別プログラム”あの日”(本イベントは終了しました。)

選出された「一行のコトバ」と、「原爆の絵」をあわせてご紹介する映像とともに、平和への思いを共有するプログラムを開催します。

<日時>
8月6日(金曜日)午前10時30分から11時30分
8月9日(月・祝)午前10時30分から11時30分
(注)いずれも内容は同じです。

<場所>
旧国立駅舎 展示室

<プログラム>
・絵本「おこりじぞう」(原作:山口勇子)の読み聞かせ
・気持ちの分かち合いタイム(一行のコトバや「原爆の絵」を見ての感想や平和への思いを分かち合う時間です。)
・ミニコンサート(鍵盤ハーモニカとウッドベース)

 

 

コトバ展2021あの日

コトバ展あの日チラシ(PDF:600.2KB)

 

「一行のコトバ」の募集(募集は終了しました)

8月6日と8月9日、
「原爆の日」を「ふつうの日」にしないために。
国立市内で展覧会を開催します。
作者はみなさま方。
原爆の日を忘れないための一行のコトバを広く募集し、選出作品を市内に展示します。
選考の結果、コトバが選ばれた方には、後日、選出作品をまとめた作品集を贈呈します。

2021コトバ展ポスター

2021ポスター

2021原爆の日展ポスター(PDF:305.7KB)

2021コトバ展チラシ

2021コトバ展チラシ

2021チラシ

2021原爆の日展チラシ(PDF:297.4KB)

「一行のコトバ」募集要領

募集テーマ

 8月6日と8月9日、原爆の日を忘れないための一行のコトバ

募集期間

 6月21日(月曜日)から7月8日(木曜日)まで

応募方法

必要事項を明記のうえ、郵送、メール、またはファクスで、下記までご応募ください。

国立市政策経営部市長室 平和・人権・ダイバーシティ推進係「平和をつくるのは、きっとコトバだ。」係
 【郵送】郵便番号186-8501 東京都国立市富士見台2-47-1
 【メール】sec_diversity@city.kunitachi.lg.jp(メールの場合は、件名を「平和をつくるのは、きっとコトバだ。」としてください。)
 【ファクス】042-576-0264

必要事項

(1)一行のコトバ(お一人様1点、未発表作品に限ります。)
(2)氏名
(3)年齢
(4)住所
(5)電話番号

応募上の注意

・作品は未発表のものに限ります。

・作品はおひとりおひとりのご意見ですので、匿名は避けていただけますようにお願いします。

・応募作品は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。

・選考結果の発表は、作品の展示をもってかえさせていただきます。

・応募作品のすべての著作権(著作権法第17条第1項に規定する著作権をいい、同法第27条及び第28条に規定する権利を含む。)および応募作品にかかる知的財産権、その他一切の権利は、市に帰属します。

・個人情報については、作品の展示および作品集において、氏名・年齢を表示します。いただいた個人情報は、本事業以外の目的で使用することは一切ございません。

・選ばれた作品(氏名・年齢を除く)は、市主催の他の平和事業で使用する場合があります。この際、ご了承をいただいたうえで、作品の一部に変更を加えることがありますので、あらかじめご承知おきください。

選考委員

「ふつうの日になったのか 原爆の日」展 実行委員

タイアップ企画

広島市立基町高等学校の生徒と被爆体験証言者との共同制作による「原爆の絵」展示

<展示場所・期間>
◆公民館ロビー
6月29日(火曜日)から7月4日(日曜日)、8月4日(水曜日)から19日(木曜日)
◆国立駅前くにたち・こくぶんじ市民プラザ
6月21日(月曜日)から8月19日(木曜日)

 

原爆の絵「立ったまま白骨になった死体」

「立ったまま白骨になった死体」作/村井 華菜子
所蔵/広島平和記念資料館

「父の遺骨を捧げ持っている少女」

「父の遺骨を捧げ持っている少女」作/宮田実来
所蔵/広島平和記念資料館

「くにたち原爆・東京大空襲体験伝承者講話」

原爆体験者の体験と思いを語り継ぎます。
<日にち>8月7日(土曜日)
<場所>公民館ロビー
<内容>午後2時から広島原爆のお話、午後3時から長崎原爆のお話

令和3年度(2021年度)「くにたち原爆・東京大空襲体験伝承者講話」を定期開催しています。

過去の選出作品の紹介

平成24年度から実施してまいりましたコトバ募集では、毎年市内外多くの方から「原爆の日を忘れないための」コトバが寄せられています。
これまでにご応募くださった方、展示をご覧くださった皆さまに深く御礼申し上げます。
“これをもう一度じっくりかみ締めていただき、より多くの方とともに考えていきたい。”そんな思いから、過去の作品をご紹介いたします。

(2017/平成29年度は実施しておりません。)

2020/令和2年度選出作品「原爆の日を忘れないためのコトバ集2020」」(PDF:5.6MB)

2019/令和元年度選出作品「31個の、平和。」(PDF:304.6KB)

2018/平成30年度選出作品「平和をつくる、48のコトバ」(PDF:5MB)

2016/平成28年度選出作品「30個の平和。」(PDF:1.2MB)

2015/平成27年度選出作品「34の、原爆70年メッセージ」(PDF:1.1MB)

2014/平成26年度選出作品「45個の平和。」(PDF:1.3MB)

2013/平成25年度選出作品「33個の平和。」(PDF:968.2KB)

国立市公民館

国立駅前くにたち・こくぶんじ市民プラザ

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
政策経営部 市長室 平和・人権・ダイバーシティ推進係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 2階(31番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:229、256)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。