国立市における新型コロナウイルスワクチンの接種状況について(令和3年7月15日)

更新日:令和3年7月15日

国立市民の皆様、こんにちは。国立市長の永見理夫です。

国立市では、7月中に累計で38,000人が接種を受けられる数のワクチンを確保しております。7月末には65歳以上の方の約80%が2回目の接種を済ませるペースで進んでおります。 接種券は、16歳以上の方へは郵送が完了しており、12歳以上16歳未満の方へは7月14日(水曜日)に発送しました。 接種予約の受付は、ワクチンの供給量に応じて対象年齢を引き下げておりますので、最新情報は、市ホームページをご覧ください。 職域接種も加速し、今後、国立市および国立市周辺では、東京都により大規模接種会場が設置されるため、幅広い世代で接種を受けられる機会が広がっています。 今後もワクチンの供給量に応じて予約を受け付けていきますので、安心してお待ちください。

 

令和3年7月15日

国立市長 永見理夫

YouTubeで市長メッセージの動画を公開しています

新型コロナウイルスの感染拡大防止に関する市長メッセージを、動画共有サイト「YouTube」に掲載しています。

下記の再生画面、またはYouTubeの該当ページから閲覧することができます。

再生時間

約1分16秒

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。