令和2年度人権週間トークセッション(一人ひとりの「らしさ」を大切にしあえるまちへ)【終了】

更新日:令和2年12月21日

12月4日から10日までの1週間は、「第72回人権週間」です。

国際連合では、1948年に世界人権宣言を採択し、1950年に世界人権宣言の採択日である12月10日を「人権デー(Human Rights Day)」と定めました。日本においても、人権デーまでの1週間を「人権週間」と定め、意識の啓発に努めています。

人権とは、すべての人間が生まれながらに持っている、人間らしく生きていく権利です。人権を守るためには、互いに尊重し合い支え合う気持ちを育むことが、何より重要です。

 

トークセッション「一人ひとりの「らしさ」を大切にしあえるまちへ-SOGI(ソジ)ハラ・アウティングのない社会とは-」

近年、LGBTなどセクシュアル・マイノリティに関する話題を耳にする機会が増え、すべての人に関わるSOGI(性的指向・性自認)という概念が少しずつ浸透しています。しかし、SOGIハラスメントやアウティングにつながる偏見や差別は依然として解消されていません。どのような性を自認するか、どのようなパートナー関係で生きていくかなど、一人ひとりの意思が尊重されることが大切です。
市では、当事者が声を上げたことにより、セクシュアル・マイノリティや事実婚のパートナー関係を公的に認める制度が、令和3年の春から始まる予定です。トークセッションでは、当事者の現状を共有しながら、多様な性のあり方と制度への理解を深めます。
誰もが「らしさ」を大切にできる社会の実現に向けて、一緒に考えてみませんか。

●お子さん・乳幼児の同伴、車いすでのご来場も可能です。

●必ずマスクの着用をお願いします。

 

日時

12月17日(木曜日)午後6時半から8時(開場:午後6時)

場所

国立市公民館 地下ホール(国立市中1-15-1)

講師

松岡 宗嗣(そうし)氏(ライター、一般社団法人fair代表理事)
山下 敏雅(としまさ)氏(弁護士、永野・山下法律事務所、国立市男女平等推進市民委員会委員)

定員

40名(市内在住・在勤・在学の方を優先に申込先着順)

申込

11月24日(火曜日)午前9時より、市長室平和・人権・ダイバーシティ推進係まで、電話でお申し込みください。市外の方は、12月7日(月曜日)以降、定員に空きがある場合に受け付けます。

共催

国立市政策経営部市長室、くにたち男女平等参画ステーション・パラソル

令和2年度人権週間トークセッション(PDF:375KB)

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
政策経営部 市長室 平和・人権・ダイバーシティ推進係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 2階(31番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:229、256)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。