11月24日は和食の日です

更新日:令和3年11月18日

日本の秋は実りの季節です。
自然に感謝し、豊作を祈る祭りなどの行事が行われる季節でもある秋の日に「和食」文化の大切さを考える日となるように11月24日が11(いい)24(にほんしょく)の語呂合わせから「和食の日」と制定されました。

市内の公立保育園、市立小中学校では、「和食」文化の大切さを見直すきっかけとなることをすきっかけとなることを目的として、同じ献立の給食を和食の日に合わせて提供しています。
 <令和3年度和食の日の献立>
 ■白飯
 ■すいとんの味噌汁
 ■鮭の味噌焼き
 ■ひじきの炒り煮
 ■さつま金時

農林水産省では和食文化の普及啓発を行っており、和食や四季を楽しむ年中行事について分かりやすく解説した冊子や食育動画を公開しています。
 

子どもと楽しむ和食の時間(表紙から9ページ)

子どもと楽しむ和食の時間(10ページから裏表紙)

全国子ども和食王選手権PR動画

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
健康福祉部 健康増進課 保健センター


住所:186-0003 国立市富士見台3-16-5 保健センター1階
施設のページ
電話:042-572-6111
お問い合わせフォーム