国立市文化芸術条例が制定されました

更新日:平成30年5月17日

国立市では、市民にとって文化と芸術を一層身近なものにするとともに、「文化と芸術が香るまちくにたち」を実現するため、「国立市文化芸術条例」を制定しました。

本条例は、4つの基本理念と8つの基本方針を定め、文化芸術施策の推進を図るとともに、市の責務や市民、文化芸術団体の役割についても定めています。

また、文化芸術施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、基本的な計画を策定することや、文化芸術施策の推進について調査審議する付属機関「国立市文化芸術推進会議」の設置に関する規定も設けられています。

なお、本条例は平成30年4月1日より施行されています。

条文については、下記からご覧いただけます。

 

国立市文化芸術条例 条文(PDF:177.1KB)

 

 

 

 

本条例に基づき、平成30年度より「(仮称)国立市文化芸術推進基本計画」の策定に取り組んでいます。

本計画については、国立市文化芸術推進会議において検討が行われております。

文化芸術推進会議

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
教育委員会 生涯学習課 社会教育・文化財担当


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 3階(45番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:323)
ファクス:042-576-3277
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。