地域で日本語支援をしたい人のための日本語教育入門

更新日:令和3年12月5日

地域で日本語を学んでいる外国にルーツのある方々に、日本語を教えてみたいと考えている方のための講座です。日本語を教える際に必要なことを、理論・実践の両方から学んでいきます。(全8回)
・講座終了後に、日本語サポートボランティアの活動内容について紹介があります。

◆総論篇:1月11日(火曜日)

―地域の日本語ボランティアの役割とは―

講師:林川 玲子(東京日本語ボランティア・ネットワーク)

体験篇:1月15日(土曜日)(注)

―日本語学習者の気持ちになってみよう―

講師:ムラドリ アイダン(一橋大学 言語社会研究科修了生)

理論篇:1月18日、25日、2月1日(火曜日)

―日本語教育のための文法事項や文型について―

講師:庵 功雄(一橋大学・日本語教育)

◆実践篇:2月8日、15日、22日(火曜日)

―地域日本語教室の現状理解と実践演習―

講師:志村 ゆかり(一橋大学・日本語教育)

と き いずれも火曜日、午後6時から8時
(注)1月15日(土曜日)は午後2時から4時
ところ 公民館 3階講座室
定員 12名(申込先着順)
(注)国立市民・全回参加できる方を優先します。
費用

テキスト代実費 2,200円程度
(『にほんごこれだけ!1・2』ココ出版)

申込先

12月9日(木曜日)朝9時から
公民館電話042(572)5141

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
教育委員会 公民館


住所:186-0004
国立市中1-15-1
施設のページ
電話:042-572-5141
お問い合わせフォーム