〈平和講座〉AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争

更新日:令和3年9月5日

オンライン受講可能

 戦前から戦後の白黒写真をAI(人工知能)技術でカラー化し、資料や戦争体験者との対話をもとに「記憶の色」をよみがえらせる「記憶の解凍」プロジェクト。広島出身の庭田杏珠さん(東京大学学生)が、高校在学中の2017年の夏、かつての中島地区(現在の広島平和記念公園)に生家のあった濱井(はまい)徳三(とくそう)さん(“濱”、“徳”はそれぞれ旧字体)と偶然出会ったことから始まり、2018年からは渡邉(わたなべ)(ひで)(のり)教授(東京大学大学院)と共同で進めてきました。
 カラー化写真をもとに当時を知る方と対話し、さらに色を補正していきます。このことにより白黒写真が、まるで今を生きているかのようによみがえります。本講座では、昨年出版された同名の書籍から8枚を選び、パネル展示いたします。講演では、庭田さんがこの取り組みを始めた経緯や内容についてお話いただきます。
 カラー化写真を鑑賞しながら、戦争を「自分ごと」として想像し、平和とは何かについて考えてみませんか。

<参考文献>『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』庭田杏珠×渡邉英徳(光文社)(第11回広島本大賞受賞)

パネル展示

『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』から、戦前の広島と、広島原爆のきのこ雲(最新カラー化版)の写真を含む8枚を、白黒・カラー化写真のパネルで展示します。

と き 9月21日(火曜日)から9月26日(日曜日)

ところ 公民館 1階市民交流ロビー

講演 「記憶の解凍」〜戦争体験者の「想い・記憶」を未来へ継承するために〜

講 師 庭田杏珠(東京大学学生)

と き 9月26日(日曜日)午前10時から11時半
ところ 公民館 地下ホール
定 員 会場受講:40名 オンライン受講:30名
(注)いずれも申込先着順
申 込 9月7日(火曜日)午前9時から9月21日(火曜日)午後5時まで
会場受講:公民館電話 042(572)5141
オンライン受講:公民館メール sec_kominkan@city.kunitachi.lg.jp

〈オンライン受講を希望される方へ〉
(注)参加方法の詳細は、前日までにメールいたします。申込メールには以下の項目を明記してください。
件名:申込み希望の講座のタイトル
本文:1氏名 2ふりがな 3住所 4電話番号
(注)当日、参加者側の接続や音声・映像の不備についての問い合わせには対応できませんのでご了承ください。

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
教育委員会 公民館


住所:186-0004
国立市中1-15-1
施設のページ
電話:042-572-5141
お問い合わせフォーム