〈地域史講座・フィールドワーク〉くにたちの魅力再発見!―「アメニティマップ」を作ってみよう―

更新日:令和4年11月5日

講師 吉永 明弘(法政大学・環境倫理学)
協力 国立まなびあるきの会

 皆さんにとって“くにたち”はどんなまちでしょうか?毎日歩く道でふと立ち止まってみると、今まで気づかなかった・知らなかったまちの姿が見えてくるかもしれません。
 今回の地域史では、第1回で都市の魅力を探す「アメニティマップ」の作り方についてお話しいただきます。第2回は実際に市内を歩いて地域の魅力を発見し、第3回で発見した箇所をマップに落とし込んでみます。一緒にアメニティマップを作成しながら残していきたい地域の魅力を発見してみましょう。

第1回 「歩いて読み解く地域の魅力」(座学)

と き 11月19日(土曜日)午前9時から11時
ところ 公民館 3階講座室

第2回 フィールドワーク

と き 11月26日(土曜日)午前10時から12時ごろ
集 合 公民館 3階講座室
解 散 谷保駅
持ち物等 歩きやすい服装、飲み物、筆記用具
(注)少雨決行。ただし荒天の際は中止。詳細は第1回目講座終了時にご連絡します。

ワークショップ

と き 12月4日(日曜日)午前10時から12時
ところ 公民館 3階講座室

定 員 15名(原則3回続けて参加できる方、申込先着順)
申込先 11月8日(火曜日)午前9時から
公民館電話(572)5141

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
教育委員会 公民館


住所:186-0004
国立市中1-15-1
施設のページ
電話:042-572-5141
お問い合わせフォーム