一時保育

更新日:令和4年4月11日

(イラスト)ベビーカー

 出産、介護、育児疲れのリフレッシュ、パートタイムなどの理由で、一時的に保育が必要となったお子さんを保育園でお預かりします。
 このようなときにご利用ください。

  • 出産やご家族の入院・通院・介護などで、ご家庭での保育ができない
  • 保護者の習い事やリフレッシュ
  • ご兄弟の学校行事
  • フルタイムでないお仕事や面接
  • 冠婚葬祭などの急な用事

など。

一時保育などのサービス紹介【令和4年4月現在】(PDF:168.1KB)

ご利用について

対象児

満1歳から就学前まで

(注)他の保育所等に在籍している児童は利用できません。

開設日

月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)

保育時間

午前8時30分から午後5時

一時保育を希望される方は、事前に登録が必要です。
申し込み、保育料等、詳しいことは直接、各保育園へお願いします。
原則として予約制ですが緊急を要される場合は、個別に対応させていただきますので、お問い合わせください。

 

(注)令和4年3月31日をもって国立ひまわり保育園の一時保育は終了し、4月1日から国立保育園で一時保育を開始しました。

一時保育実施園

「国立あゆみ保育園」 (矢川3-20-24) 電話042-576-3755(平日午前9時から午後4時)

国立あゆみ保育園 (外部リンク)

 

「国立保育園」(北2-30-1)電話 042-572-2717(平日午前8時30分から午後5時)

国立保育園 (外部リンク)

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
子ども家庭部 子育て支援課 子ども家庭支援センター


住所:186-0003 国立市富士見台3-21-1
施設のページ
電話:042-573-0192
ファクス:042-574-5841
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。