育児支援サポーター派遣事業

更新日:令和5年1月26日

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う、育児支援サポーター派遣事業の利用について

現在、育児支援サポーター派遣事業は継続しておりますが、新型コロナウィルスの感染拡大等状況に応じて、活動を直ちに停止していただく場合があります。現在、サービスをご利用の方には、センターから停止の連絡をしますのでご了承ください。

ご利用をお考えの方は、リスクも考慮の上、ご検討頂きますようお願いします。ご利用の際にはできる限り感染のリスクを減らして活動を続けられるよう、下記内容についてご確認の上、ご利用ください。また、利用や活動に不安がある場合には、利用途中でも無理をせずセンターにご相談ください。センターでは、何より皆様の健康が第一と考えております。何卒ご理解、ご協力を頂きますようお願いいたします。

 

«感染予防対策»

●利用者や同居のご家族に発熱(37.5度以上)や呼吸器症状が認められる場合、ま たサポーターとその同居するご家族に同様の症状が認められる場合には、利用、活動を控えてください。

●サポート終了後に利用者やサポーターご本人やそのご家族に同様の症状が見られた場合にも、必ず両者で連絡をとって情報共有をしてください。

(注)上記2点につきまして、必ずセンターにもご報告ください。

●手洗い、消毒、マスクの着用を利用者、サポーターとともに徹底していただくようお願いいたします。活動中の会話、室内の換気、ソーシャルディスタンスなど、都度確認をしてください。

●精算方法について

・原則月締めとなっておりますが、月の途中で停止となった場合等は速やかにご精算ください。

・ご不明な点があればセンターまでご連絡ください。

育児支援サポーター派遣事業の利用を拡充しました!

利用できる期間を妊娠中から出産日1年以内、利用日数の上限を30日(多胎児の場合は出産日2年以内、上限60日)にそれぞれ拡充しましたので、産前産後の大変な時にぜひご利用ください。

(注)令和4年4月1日から適用になります。

ファミリー・サポート・センター支援会員と育児支援サポーターの研修会を同時開催します!

育児支援サポーター派遣事業は、産前産後のご家庭に入り家事や育児をサポートする事業です。研修会参加終了後に登録していただき、支援が可能となります。

地域の子育て支援に参加してみませんか?

 

【育児支援サポーター資格の要件】

・国立市に居住する30歳以上の心身ともに健康な方

・育児支援サポーター派遣事業に熱意を有する方

 

(注)看護師、保健師、助産師、または保育士の資格を有する方で業務経験のある方については、受講を考慮しますのでお問い合わせください。

 

研修内容

ガイダンス、保育、心理、保健、救急など

令和4年度の研修会

第1回

7月4日、5日、11日、12日 10時から15時30分

(注)第1回研修会は終了しました。

 

第2回

11月28日、29日、12月5日、6日 10時から15時30分

(注)第2回研修会は終了しました。

令和4年度研修会案内(8月1日修正)(PDF:557.6KB)

ファミリー・サポート・センター

育児支援サポーター派遣事業とは?

(イラスト)こんなときにご相談、ご利用ください

 産前(妊娠中)、産後のご家庭にサポーターさんが出向き、家事や育児のお手伝いをする事業です。こんなときにご相談、ご利用ください。

・ つわりがひどくて、上の子の食事が作れない。

・切迫流産、早産のきざしがあり安静が必要。

・手伝いをしてくれる人がいない。

・保育所の送迎込みで家事をしてほしい。

育児支援サポーター派遣事業 パンフレット(PDF:1.3MB)

1.利用対象者

市内に在住し、以下に該当する方です。

・妊娠中から産後1年(多胎児は2年)までの間で、家事や育児の支援が必要な方

・利用できる時間内に、母子が在宅であること

・産前に母子健康手帳を取得し、産院等で受診をしている妊婦

2.利用期間

  • 産前(妊娠中)・産後を通して30日間(多胎児の場合60日間)
  • 妊娠中から出産後1年まで利用可能(多胎児の場合2年まで)
  • 1日2回に分けて利用が可能

3.申請方法

 産前から申請を受け付けます。育児支援サポーター派遣申請書をファミリー・サポート・センターに直接ご提出していただきます。来所が困難な場合はご相談ください。

(注)申請書はダウンロードのほか、ファミリーサポートセンターで受け取ることができます。

育児支援サポーター派遣申請書(PDF:136KB)

4.援助活動の内容

 <家事に関すること>食事の支度補助・洗濯・居室の掃除、食材・生活必需品の買い物など。

<育児に関すること>沐浴の補助、授乳、おむつ交換、上の子の保育施設への送迎など。

5.援助活動の目安

援助活動の目安
時間 内容
2時間

沐浴の補助、買い物(1キロメートル位まで)、掃除

または

掃除、食事の支度

または

上の子の園への送り(又は迎え)、 食事の支度

3時間

上の子の園への送り(又は迎え)、沐浴の補助、洗濯、食事の支度

4時間

上の子の園への送り、洗濯、掃除(2時間)、上の子の園への迎え、食事の支度(2時間)

6.利用料と利用できる時間帯

利用料
曜日 利用料
平日                      820円/1時間
日曜日・祝日                     1,000円/1時間

援助時間はいずれも午前8時から午後7時までの間になります。

  • 1時間を1単位とし、1日1回または2回の利用で合計4時間まで。
  • 利用は1時間から可能(最初の1時間に満たない利用でも1時間分の利用料がかかります) 。1時間を超える場合は30分単位で半額ずつ加算されます。
  • 年末年始(12月29日から1月3日)の援助は行いません。
  • 月ごとに利用者がサポーターに直接現金で支払います。

(注) サポーターの移動で交通費がかかった場合は実費をいただきます。

なお、利用を取り消した場合、以下の取消料が発生します。

  • 前日までに取り消し:無料
  • 当日取り消し:820円
  • 無断取り消し:1,000円

7.補償制度

 「サービス提供会員傷害保険」「賠償責任保険」「依頼子供障害保険」の3つ(合わせて地域子育て支援補償保険といいます。)の保険に加入し、保険料は市が負担します。

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
ファミリー・サポート・センター


住所:186-0003 国立市富士見台3-21-1
施設のページ
電話:042-571-8322
ファクス:042-571-8325
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。