郵送での交付について((市・都民税)課税証明・非課税証明)

更新日:令和2年4月23日

郵送での交付請求について(課税証明・非課税証明)

下記申請書類(1から5)の郵送によって申請してください。なお、郵便事情等により、証明書がお手元に届くまでに日数を要することがありますのでご了承ください。

1. 市民税・都民税 課税(非課税)証明書 交付申請書(又は便せん等の紙)

便せん等の紙の場合は、以下の事項を明記のうえ、郵送してください。

  • 申請者の現住所
  • 申請者の氏名
  • 日中連絡のとれる電話番号
  • 誰の証明が必要か(氏名)
  • 証明の年度
  • 市外の方の場合: 国立市にいたときの住所
  • 証明の枚数

証明書の送付先が申請者の住所と異なる場合は、その旨を申請書の欄外にお書きください。

証明書の住所・氏名は各年の1月1日現在で表記します。申請日現在での住所・氏名を併せて表記することもできますので、希望する場合はその旨を申請書の欄外にお書きください(国立市から転出した後に住所・氏名を変更した方は、その変更を確認できる書類を同封してください)。

(市・都民税)課税証明・非課税証明交付申請書(PDF:511.3KB)

【申請書記入例】(市・都民税)課税証明・非課税証明(PDF:542.6KB)

2. 返信用封筒(以下を記入・貼付してください。)

  • 現在の住所
  • 返信料金分の切手

3. 手数料

1枚400円です。必要枚数分の合計金額の定額小為替を郵便局で購入してください。

(注意事項)

  • 証明書の利用用途が新型コロナウイルス感染症の影響による融資等で必要な方は無料です。申請書に「新型コロナウイルスの影響により、融資を受けるため」といった具合に、用途を記入してください
  • 郵送(1枚400円)と、窓口(1枚300円)とで、手数料が異なります。
  • 令和2年4月1日 発行手数料改定

4. 身分証明書(免許証、保険証等)のコピー

5. 委任状

申請者の方と証明書が必要な方が違う場合は、委任状を添付してください。
ただし、国立市内に住所が存在し、本人と同じ世帯に属する方は必要ありません。

委任状(PDF:98KB)

法定相続人の場合

 被相続人(死亡者)及び法定相続人の氏名が記載された戸籍謄(抄)本(又は除籍謄(抄)本、戸籍全部(個人)事項証明書、除籍全部(個人)事項証明書のいずれか1つ)が必要です。

 最新年度(その前年の1月から12月の所得)分の交付は賦課決定日以降です(給与からの特別徴収(天引き)の方は5月中旬、それ以外の方は6月中旬)。詳しくは課税課諸税担当へお問い合わせください。

郵送(申請)先窓口
郵便番号186-8501 国立市富士見台2-47-1
国立市役所 課税課 諸税担当

関連情報

税金

新型コロナウイルス感染症に関連する手続きで必要な税証明の無料化について

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
政策経営部 課税課 諸税担当


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(15番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:114)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。