事業系ごみの出し方

更新日:平成29年8月31日

事業系ごみの出し方

事業系ごみとは

会社・飲食店・商店・公共施設等の事業活動から出る「ごみ」は、全て「事業系ごみ」になります。従業員の食事や独身寮の賄いから出る「生ごみ等」も含みます。
また、営利を目的とせず、教育・社会福祉事業等の公共事業や公共サービス等の活動から出るごみも対象になります。

事業系ごみの処理について

ごみの排出量が1日平均10キログラム以上の事業所は、一般廃棄物は、国立市一般廃棄物収集運搬許可業者、産業廃棄物は東京都が許可した産業廃棄物収集運搬業者による処理となります。
ごみの排出量が1日平均10キログラム未満の事業所は、国立市一般廃棄物収集運搬許可業者に処理を依頼するか、市に収集を依頼してください。

市に収集を依頼する場合の事業系ごみの出し方

有料ごみ処理袋を使って、当日の午前8時30分までにお届けいただいている場所へ出してください。
新規に市での収集を希望される場合は、事前にごみ減量課へ連絡ください。
収集日及びごみ収集区分は基本的に家庭ごみと同じになります。
ただし、容器包装プラスチックを含むプラスチック製のごみは「プラスチック類」として事業系有料ごみ処理袋(緑色)に入れて出してください。(収集日は不燃ごみの日になります)
小型家電製品は、「小型家電製品」の日に事業系有料ごみ処理袋(緑色)に入れて出してください。
危険物は、「危険物」の日に事業系有料ごみ処理袋(緑色)に入れて出してください。
(注)店舗・事業所と住まいが一緒の場合は、袋を分けて出してください。
(注)店舗・事業所が一般住宅と併設されている建物の場合は、事業所の集積所に出してください。

ごみ袋の種類、容量、価格について
袋の種類 容量 単価 セット販売価格

可燃、不燃・プラスチック類、小型家電製品、危険物用(緑色)

大袋45リットル 280円 1,400円(5枚セット)
小袋22.5リットル 140円 1,400円(10枚セット)
不燃系資源物用(黄色) 大袋45リットル 90円 450円(5枚セット)
小袋22.5リットル 45円 450円(10枚セット)
可燃系資源物用 紙袋 45円 450円(10枚セット)
  • 「可燃、不燃・プラスチック類、小型家電製品、危険物用」の袋は、それぞれの種別ごとに袋をお使いください。
  • 「不燃系資源物用」の袋は「びん、かん、ペットボトル」でそれぞれの種別ごとに袋を分けてお使いください。
  • 「可燃系資源物用」の袋は「新聞紙、本・雑誌、雑がみ」でそれぞれの種別ごとに袋を分けてお使いください。
  • シュレッダーごみ(資源化できる紙類に限る)は、透明・半透明の袋の中に、可燃系資源物用の紙袋と一緒に入れて出してください。
  • メモ紙、本・雑誌などの可燃系資源物や、びん、かん、ペットボトルなどの不燃系資源物は、きちんと分別して資源化にご協力ください。
  • 資源物用の袋は、資源化の推進とごみの減量にご協力いただくという考えから「可燃、不燃・プラスチック類、小型家電製品、危険物用」の袋の約3分の1の価格になっています。

無料で収集するごみについて

有害ごみ、紙パック、古布類、段ボール(1回10枚以内)は無料で収集します。

一般廃棄物収集運搬許可業者

有料ごみ処理袋及び粗大ごみ処理券取扱所

「ごみの分け方・出し方カレンダー」について

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
生活環境部 ごみ減量課 清掃係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(17番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:141、142、143、149)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム