転校手続き(学校関連)

更新日:平成28年9月7日

国立市内で転居し、学区変更がない場合

 国立市内で転居し、学区の変更がない場合には、在籍している学校に住所を変更した旨を届出するとともに、市役所1階の行政管理部市民課で転居の手続きをしてください。市民課で手渡される「住民異動連絡票」は、市役所3階の教育委員会教育総務課学務保健係に提出してください。

国立市内で転居し、学区変更がある場合

  1. 国立市内で転居し、学区の変更がある場合には、在籍している学校にその旨を届出し、「在学証明書」の発行を依頼してください。(市内転居で転校する場合は、「教科用図書給与証明書」は不要です。)
  2. 市役所1階の行政管理部市民課で転居の手続きをし、そこで手渡される「住民異動連絡票」を持って、市役所3階の教育委員会教育総務課学務保健係にお越しください。その際に、前住所地で在学していた学校が発行する「在学証明書」をあわせてお持ちください。
  3. 学務保健係では、2の書類を確認の上、「就学通知書」を作成して学校に送付します。保護者の方は「在学証明書」を指定された学校へ提出してください。

なお、転居後も在籍している学校に通うことを希望する場合には、指定学校の変更に関する審査基準をご覧ください。

指定学校の変更に関する審査基準

国立市に転入をする場合

  1. 市役所1階の行政管理部市民課で転入の手続きをし、そこで手渡される「住民異動連絡票」を持って、市役所3階の教育委員会教育総務課学務保健係にお越しください。その際に、前住所地で在学していた学校が発行する「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」をあわせてお持ちください。
  2. 学務保健係では、2の書類を確認の上、「就学通知書」を作成して学校へ送付します。保護者の方は「在学証明書」「教科用図書給与証明書」を指定された学校へ提出してください。

国立市から転出する場合

  1. 国立市から他の区市町村に転出する場合には、国立市で在学していた学校にその旨を届出し、「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」の発行を受けてください。
  2. また、市役所1階の行政管理部市民課で転出の手続きをし、そこで手渡される「住民異動連絡票」を持って、市役所3階の教育委員会教育総務課学務保健係にお越しください。
  3. 転入先では、「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」を持って、転入先の教育委員会学事事務担当課に行き、転入の手続きを行ってください。

なお、転出後も在籍している国立市立学校に通うことを希望する場合には、区域外就学に関する審査基準をご覧ください。

区域外就学に関する審査基準

私立等の学校に在学している場合

 国立(こくりつ)・私立等の小・中学校に在学し、転居・転入・転出等の住所異動があった場合には、住所異動の手続きを市役所1階の行政管理部市民課で行い、そこで手渡される「住民異動連絡票」を市役所3階の教育委員会教育総務課学務保健係にお持ちください。

関連情報

指定学校の変更に関する審査基準

区域外就学に関する審査基準

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
教育委員会 教育総務課 学務保健係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 3階(41番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:332、333)
ファクス:042-576-3277
お問い合わせフォーム