市指定有形文化財・民俗(1)

更新日:令和元年12月27日

古民家(旧柳澤家住宅)

(写真)市指定有形民俗文化財 古民家

文化財分類種別

市指定有形文化財・民俗

所在地

泉5-21-20

公開状況

公開

所有者

国立市

指定日

平成3年10月

概要

古民家は、青柳の旧柳澤家住宅を移築復元したものです。建築年代を特定する資料は発見されていませんが、解体調査の結果、江戸時代後期に建てられたものと推定されます。

時代を経るに従って、何度か改築された跡がみられますが、建築当初の間取りは、ダイドコロの土間部分と、アガリハナ(一般的にはヒロマ)・ザシキ・オクの床上部分から成る広間型と呼ばれるもので、復元もその姿に戻しています。

旧柳澤家は、屋号を「たくあん屋」といい、明治から昭和初期にかけては、漬物業も営みました。

 

 

 

地図情報は下記をご覧ください。

文化財一覧

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
教育委員会 生涯学習課 社会教育・文化芸術係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 3階(45番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:323)
ファクス:042-576-3277
お問い合わせフォーム