災害に備えて

更新日:令和4年4月1日

これだけは準備しておこう

  • 災害時に、ライフラインや物流がストップした場合、食料や生活用品などの調達が難しくなります。そのような事態に備え、備蓄品を用意しておきましょう。
  • 非常持ち出し品は、いつでも持ち出せるよう、必要最低限のものをリュックサックや非常持ち出し袋にまとめておきましょう。
  • 以下の品物は一例です。

食料品

食べ慣れているものや試しに食べておいしかったものを用意しましょう。

期限が切れる前に、食べて、買い足しておきましょう。(ローリングストック)

  • 調理不要食品(クラッカーなど)
  • 缶詰
  • インスタント食品、レトルト食品

 

衛生用品

普段から少し多めに購入して起き、使ったら補充しましょう。

  • 常備薬、持病の薬
  • ティッシュペーパー
  • トイレットペーパー
  • ウェットティッシュ
  • 消毒用アルコールスプレー
  • マスク
  • ビニール手袋
  • ビニール袋、ごみ袋
  • 簡易トイレ
  • 生理用品

生活用品など

必要に応じて用意しましょう。

  • カセットコンロ、ボンベ
  • お皿やお箸などの食器類
  • ラップ
  • ラジオ
  • 懐中電灯
  • 乾電池
  • ライター
  • 缶切り
  • ナイフ
  • 眼鏡、コンタクトレンズ
  • モバイルバッテリー
  • サンダル、スリッパ
  • 軍手
  • 使い捨てカイロ
  • レインコート
  • 筆記用具
  • 衣類(下着含む)
  • 毛布
  • ヘルメット(防災ずきん)

 

ライフスタイルでそのほか必要なもの

高齢者、しょうがいのある方の世帯などは状況に応じて、特に必要となるものを日ごろから多めに備蓄しておきましょう。

子育て世帯は、お子様の年齢などに合わせて用意しておきましょう。

  • おくすり手帳
  • おむつ
  • ほ乳瓶
  • 粉ミルク、液体ミルク
  • おもちゃ
  • 母子手帳

 

非常持出袋に入れておくといいもの

  • 印かん
  • 預金通帳
  • 現金
  • 保険証コピー

災害情報ブック、ハザードマップを活用しよう

  • 自分の家のある地域の実情を調べ、避難場所や、避難するときの経路を確認しておきましょう。
  • 家族が離ればなれになったときの連絡方法、集合場所などを日ごろから話し合っておきましょう。

国立市防災情報ブック「くにたちの災害対策」の更新について

防災マップ、ハザードマップ

大切な日ごろの心がけ

災害に備えて備蓄品などを用意するほか、災害が発生したときに被害を減らすためのツールもあります。

まちを強くする・各種補助事業等

地域で災害に備える組織

防災行政無線からの放送内容について

地震のとき被害を大きくするのは、火災であるといわれています。一人ひとりが“グラッときたら火の始末”を徹底し、万が一、出火した場合には、隣近所で協力し合って初期消火につとめましょう。
 災害時や平素の火災に備え、市では、市内の街頭450カ所に消火器を設置しています。
いざという時には、ご活用ください。
 初期消火訓練などをご希望のときは、団体やグループで下記へお申し込みください。

市役所防災安全課 防災・消防係

電話 042-576-2111(内線146)

立川消防署 国立出張所  

電話 042-573-0119

立川消防署 谷保出張所

電話 042-577-0119

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
行政管理部 防災安全課 防災・消防係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(24番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:145、146、147)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム