食品ロスを削減しましょう

更新日:平成31年3月19日

食品ロスについて知ろう

食品ロスとは?

生ごみのうち、賞味期限を超えた食品や食べ残しなど、まだ食べられるものを捨ててしまうことを「食品ロス」と呼びます。日本では、年間2,842万tの生ごみが発生していますが、そのうち「食品ロス」は646万tほどあるとみられています。これは、世界で飢餓に苦しむ人々に対する年間食糧援助量の約2倍にあたる量です。

日本の食糧自給率(カロリーベース)は38%と、大半を輸入に頼っている一方で、食べられるものを大量に捨てているのが現実です。

いま、世界全体で、環境問題や資源の持続性の観点から「食品ロス」の削減を行う動きが進んでいます。

国立市では、毎日茶わん約7万6,000杯の食品ロスが発生?

日本全体の年間の食品ロス(646万t)は国民1人1日あたりの量に換算すると、約139g、茶わん1杯分のごはんの量に相当します。これを国立市民の人数で換算すると、1日あたり茶わん7万6,000杯、 重量にして10.5tの量になります。

「食品ロス」の約半分が家庭から発生しています

食品ロスの発生場所は、事業所からが55%、家庭からが45%です。それぞれ次のような理由から、食品ロスが発生しています。

事業所から:規格外品(生産や包装のミス)、返品、売れ残りや食べ残しなど

家庭から:食べ残し、料理のつくりすぎ、期限超過や食べられる部分の過剰除去(皮のむき過ぎ、葉やヘタの廃棄など)

 

食品ロスの全体像

食品ロスの全体像

国立市で収集した食品ロスの例

市で回収した食品ロスの例

市で回収した食品ロスの例

 

 

食品ロスを削減するための工夫

日々のちょっとした心がけで食品ロスを減らすことができます。

以下に食品ロスを減らすための工夫・心がけを紹介します。

「3ない運動」を実践しましょう

買い物、料理、食事のときは、「買いすぎない」「作り過ぎない」「食べ残さない」を意識しましょう。

特売だからと、ついつい買い過ぎていませんか? つくり過ぎて、冷蔵庫で忘れられている料理はありませんか?

 

食材を適切に保存し、期限管理を行いましょう

賞味期限と消費期限の違いを理解して捨てる判断をすること、食材の適切な保存方法を調べることを実践しましょう。

賞味期限とは?

おいしく食べることができる期限です。この期限を過ぎても、もう食べられないということではありません。期限を過ぎてしまったものは、見た目やにおいで個別に判断してください。

例) お菓子、加工品、レトルト食品など

消費期限とは?

期限を過ぎたら、食べることを控えたほうがよい期限です。期限を過ぎたものは、食べないほうが安全です。

例)惣菜、加工品、レトルト食品など

 

食材の鮮度、品質への過度な意識を見直しましょう

スーパーなどで買い物をする際、すぐ食べるものは棚の手前 ( 賞味期限の近いもの ) から取るようにすると、 小売店の期限切れによる食品ロス削減に協力できます。

 

外食時は適量注文を心がけましょう

ごはんの小盛りなど、自分の食べられる量に合わせて注文をしましょう。

食べきれないもののうち、持ち帰ることができるものは、お店に確認してみましょう。( 持ち帰り後は自己責任で消費しましょう )

苦手、または食べられない具材ははずしてもらえるか、注文の際に確認してみましょう。

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
生活環境部 ごみ減量課 清掃係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所1階(17番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2119(直通)、042-576-2111(内線:141、142、143、149)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム